FA行使せず残留のカープ松山竜平を見て思う事。

 

 

プロ野球FA権について思う事のつぶやき

 

2018年FA権有資格選手は91名。

今年は何人FA宣言を行使するかな?

 

広島カープは松山竜平選手はFA宣言せずに残留。

「このチームがすごく好き。他の球団では考えられないぐらいの一体感がある。ここでずっとやりたい気持ちが一番強い。」

その上、球団側から複数年契約を提示されても1年1年頑張る為に単年契約で行くようです。

ファンとしては嬉しいですね。

 

そして今年のFAの目玉は丸選手。

丸選手はFA権行使の予定。

カープは宣言残留を認める方針だけど、出ちゃうかな・・・

 

 

カープからFAで出て行った選手は今まで8名。

資金の少ないカープはFA宣言した選手は引き止めない方針で、それを変えようとしたFA権行使の金本選手は引き止められず阪神へ移籍。

その後の選手に対しても同じ方針だったけど、黒田投手だけ例外でしたね。

FAでメジャー挑戦もカープの事を考え少し遅らせるなど、球団との関係は良好でしたね。

 

 

個人的にはFAは良い制度と思う。

ただ当初はドラフトの逆指名があったから、反対の意見を持っていたけどね。

 

逆指名、自由枠、希望枠と名前が変わったけど、金持ち球団がドラフトで選手を獲得しやすい状況が1993年に始まり2006年まで続いていました。

そして同時にFAも1993年から始まった。

これは「無いでしょう!!」って思ったね。

1991年の優勝後、1997年までは4,6,3,2,3,3とボチボチの順位だったけど、ドラフトで狙った選手が獲得できずFAで出て行かれ戦力ダウンは明らかで、2012年まで15年連続Bクラスと言う暗黒の時代に突入。

 

2007年から逆指名のないドラフトになってから6年後の2013年、Aクラスに返り咲き。

その後、1度4位があるけどあとはAクラス。

しかも3年連続優勝もある。

 

逆指名のドラフトとFAの併用はホントに良くない制度だったなぁと感じちゃね。

 

ドラフトはくじ引きでなく、完全ウェーバー制。

そしてFA権をもっと簡単に取得できる。

これが個人的な考えですね。

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

竹本 隆文
沖縄ゲストハウスふしぬやーうちー宿主。
呟き系のブログをな~んとなく始めてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です