最近のゲストハウスは意識高い系!?

 

 

最近のゲストさんの話についてのつぶやき

最近、バックパッカー系のゲストさんが何人か泊まってくれたんだけど、異口同音で「最近のゲストハウスって意識高いと言うか完璧と言うか、ぐーだらが出来なくて、ちょっと疲れるんだよね。でも、ここは気楽にぐーだら出来て落ち着けるよ。」って。

褒められてるのか?ディスられてるのか?微妙だけど、彼らの話は要約するとこんな感じかな。

 

1 どこもかしこもオシャレでカフェやバーが併設。地元の人も通うので、地元の人と交流できる。

2 スタッフがしっかりしすぎる。

3 オーナーが不在型が多く、次行くとスタッフやヘルパーが変わっていて、ただいま感がない。

4 ゲストハウス主催のイベントが多く、たまたま泊まった日がそうだと、共用スペースが占領される。

 

まぁこれれらは日本のゲストハウスのウリだけど、今回のゲストさんにとっては行き過ぎた感があったみたい。

 

彼らの理由はこうでした。

1 地元の人と交流って、そんなの居酒屋のカウンターやバーに行けばいいじゃん。旅に来てるのにゲストハウスのバーだとホームじゃん。外の店つまりアウエーでの交流が楽しいから旅が面白くなるんだよね。

あと宿泊代を安く仕上げたのに、ゲストハウスのカフェやバーで支払ってたら、結構な金額をゲストハウスに支払っている。

それが何となくひっかかる。

バーがオシャレにしているから少し気取ってる感じがあって、ゲストハウスの気楽さが薄れてる。

2と3 良すぎてホテルと変わらない雰囲気がちょっと。

4 缶ビールを買って静かにチビチビしたくてもできない。

 

わが宿はオシャレでもなくカフェやバーもなく、イベントは0ではないがほとんど開催せず、筆者が宿にいる。

筆者がリビングにずっといることで、「リビングにいづらい。」などネガティブなことを口コミで書かれたりすることもあるけど、「常駐で良かった。」とも書かれることもあるので、何が正しいとかはないですな。

 

実は正直、筆者もバーとか好きじゃないんですよ。

持ち込んで他のゲストとの飲みが楽しいのに、バーだと何か違う感じがするんだよね。

 

今回のゲストさんは意識が高いと言うより、気取らせる雰囲気ってことを言いたかったかも。

ぐーだらしながらたわいもない会話できる雰囲気。

これもゲストハウスの良さの一つかもしれないね。

 

 

 

投稿者プロフィール

竹本 隆文
沖縄ゲストハウスふしぬやーうちー宿主。
呟き系のブログをな~んとなく始めてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です